同年式 買取価格が異なる

MENU

同じ年式でも、車種、クルマのタイプ(セダン、SUV、ワンボックス等)、色によって買い取り価格は変わる?

同じ年式の過走行車でも、車種や車のタイプ(セダン、SUV、ワンボックス等)、色によって中古車査定の価格は変わります。むしろ、これらの要素によって中古車査定額が決まってくると言っても良いでしょう。

 

中古車査定の価格を決める要素はたくさんあります。その中でも、車種、年式、色、走行距離によって、基本的には査定額が決まってきます。

 

市場で人気の車種なら高額で買い取ってもらえるでしょうし、年式は、特定のクラシックカー以外は新しい方が良いに決まっています。走行距離だって、少ない方が良いですし、色は基本的には白、黒、シルバーといった一般的なものが人気があります。

 

これらの要素を総合し、さらに傷の有無などをチェックして中古車査定価格が決まってきます。ですから、同じ年式の車であっても価格に差がでます。

 

まったく人気のない過走行車があれば、高額で買い取ってもらえる過走行車もあります。ただ、これから車の売却を考えている方たちの中で、中古車査定に詳しいと言う方はそれほど多くはないでしょう。

 

ですから、そういう方はインターネットの一括査定サイトを使って、自分の車の査定額を調査してみてはいかがでしょうか。自分の車の車種、年式、色、走行距離、傷、事故歴などを打ち込むだけで、1度に10社程度の買取業者に査定を依頼することができます。

 

いくら価格を決める基本要素があるとはいっても、業者ごとに価格のばらつきはありますので、1番高く買い取ってくれる業者をみつけてください。

 

一括査定業者の一覧はコチラから!